消毒後の保湿ケアにハンドクリームは必需品です!!

スポンサーリンク

昨日、ドラッグストアにオーデクリームを買いに行った記事を書きましたが、消毒で手指が乾燥するので、、ハンドクリームは必須アイテムですね!!

スポンサーリンク

アルコール消毒で手荒れする理由

人間の皮膚というのは、自ら油分を作って油膜のバリアを張っているのですが、アルコール消毒には皮膚の脱脂を行う作用があり、さらに、脱水作用もあるため、頻繁にアルコール消毒をしていると、皮膚の脂と水分が抜けて手がカサカサになり手荒れが起こってしまいます。
荒れた状態の皮膚には菌が入りやすい状態となるため、手あれを防ぐためにも、アルコール消毒とハンドクリームでの保湿ケアはセットで行うのがおすすめです!!

手洗い→よく拭く→消毒→ハンドクリーム

消毒の流れとしては、まずは手洗いですね!!
ハンドソープや石鹸をしっかり泡立てて、指一本一本、指の股、爪の間、手のシワ、手首までしっかり洗いましょう!!
ピコ太郎の手洗いソング「PPAP-2020-」を口ずさみながら洗うのもお勧めです(笑)

PPAP-2020-/PIKOTARO(ピコ太郎)

手洗い後は、濡れたままアルコール消毒してしまうと効果が発揮できないので、清潔なタオルでよく拭き、しっかり乾燥した状態で消毒しましょう。

消毒後、消毒液が乾ききったらすぐにハンドクリームを使用して問題ありません。
消毒とセットで持ち歩いて、セットで使うのがおすすめです!!

アロインス オーデクリームSについて

先日、ラジオ「中居正広 ON&ON AIR」で中井君がハンドクリームの代わりに顔用クリームを買ってハンドクリームとして使っているというリッチな話題がありましたが、、、私が昔から愛用しているハンドクリームがアロインス「オーデクリームS」です!!

こちらもハンドクリームではなく、全身薬用クリームなので顔用にも使えますが、我が家では母の代からハンドクリームとして使っております。。

ハンドクリーム売り場

ハンドクリーム売り場

ニベアやワセリン、ももの花、アロエクリームの類似品(以前間違えて買ってしまったことがあります 汗)などなど、種類は色々ありますが、私はいつもオーデクリーム派ですねぇ。。写真に写っているテスターサイズのチューブが持ち歩き用に欲しいですが、売っていないので、35gの容器に移しかえて持ち歩くようにしております。。

オーデクリーム増量タイプが買えました

オーデクリーム増量タイプが買えました

普段は185gで1080円(税別)くらいなのですが、この日は210gの増量サイズが1080円(税別)で買えました!!

オーデクリームの蓋

オーデクリームの蓋

オーデクリームの中身

オーデクリームの中身

緑色の容器のアロエクリームはいろいろ売られていますが、オーデクリームは蓋に刻印があるのと、金のALOINSロゴが目印です。

JANコード「4956962108017」で検索すると、ネットショップでもだいたい1300円~1500円(税込)くらいで販売されているようです。。

中身は緑色で、古き良き時代の香りがします(笑)

個人的な口コミをすると、他のハンドクリームに比べて伸びがよく、べたつかずにサラサラするのに、しっかりと保湿されて、さらにそれが長続きします。
類似品はベタつくし、保湿力も長続きしないので・・・やはり値段相応の違いはあるなぁと感じました。。

冬場は手だけでなく、お風呂上りに全身に使いますし、かかとのケアにもおすすめの万能クリームですよ!!

アルコール消毒による手荒れにお悩みの方は、是非使ってみて下さい。。

ちなみにアロインスでは消毒ハンドジェルもネット販売されていて、使用感も非常に良かったので、、、こちらもリピート購入予定です!!

2020/5/28追記⇒アロインス「MOC 消毒ハンドジェル」をリピート購入しました!!

タイトルとURLをコピーしました